Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

ボジョレーヌーヴォーの会

category: 料理


先週はボジョレーヌーヴォーを楽しむ会を、
19と20日2日にわたって私たちの会社JPMで開催しました。

今年はグレートヴィンテージとの前評判が高く、期待に胸を膨らませての当日。
去年と同じく、シャトー・ベルエールからやってきたヌーヴォーワイン。
昨年と比べるとやはり、ボディがしっかりしていて、自己主張がちゃんとあった。

ヌーヴォーに合うお料理は基本的にどう、という話はフランスではあまり聞きません。
もともとものすごく個性の強いワインではないので、何とでもそれなりに仲良し。

とはいえ、お料理にヌーヴォーが負けてしまうような、
たとえば今の季節が旬のジビエ(野生の鳥獣類)なんかはどうかな?イマイチじゃないかな、と思います。

ワインだけでなく農作物全般の、今年の収穫を祝うためのお酒、のポジションにあるヌーヴォーワイン。
うんちくを語って飲むよりは、家族や仲間とワイワイ!のお酒。
時間をかけてヌーヴォーのためのお料理を作るというよりは、
家に常備してある熟成ソーセージやら生ハムやらで、フランス人はグビグビ飲みます。

JPMでは、先日ご紹介した塩味のマドレーヌ、写真の前菜類(下に説明してます)、
メインはクレープのグラタン
(ハムやキノコ類を巻き込んだクレープに生クリームとチーズをかけてオーブンで焼いたもの)
と、フランス家庭料理の王道でゆきました。

JPM ボジョレーヌーヴォーの前菜

手前の右上から時計回りに、
1 パン、トマト、ゆで卵、アンチョビ、オリーブを順に重ねたピンチョス(誰でもできますねぇ しかも美味しい)
2 イタリア産 サラミと生ハム
3 ピクルス
4 スモークサーモンとほうれん草のキッシュ
真ん中にあるのは、セミドライトマトのマリネです。

簡単だけどこういうのがヌーヴォーには一番合う、と私は思います。
フレッシュさやほのかな甘味が引き立つと言うか、どちらかと言うと単調な味のこれらのおつまみの、
ヌーヴォーは良い調味料とか香辛料なんかの役目をするかんじ。
ワインと料理、両方が更に美味しくなります。

是非みなさまのご家庭でもお試し下さい。

ブログランキングに参加しています!
このレシピが気に入った方は是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
J.P.M. ジェイ・ピー・エム

ワインショップ
試飲会&料理教室
グルメイヴェント 
フランスワインの専門輸入元

963-8051福島県郡山市富久山町八山田字追越28-1
TEL. 024-922-5957 FAX. 024-922-5958
E-mail: jpm@circus.ocn.ne.jp
ブログ:ノワロー屋の食卓
ネットショップ : ワイン村.com

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5958

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved