Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

フォアグラと洋梨のポワレ、クランブル添え

category: 料理教室

今月の料理教室で作った一品。
「クリスマスに食べたいフォアグラ料理」

今年のクリスマスはもう終わってしまったけど
フォアグラが思いがけず手に入った時や
いつもとちょっと違う
ワインに合う料理を食べたい時などに
ダンゼンおすすめのひと品。

フォアグラは生のもの(今回はフランス産の冷凍品を使用)
をこんがり焼いて
それに洋梨をキャラメル状にソテーしたのを添えた。

アクセントは、
上からパラパラと振りかけた
パルメザンチーズ入りのクランブル。

「クランブル」はお菓子に良く登場する
小麦粉と砂糖、バターを指先でそぼろ状に練りまぜ、
オーブンで焼いたもの。
カリカリの食感が特徴で
しっとり柔らかいマフィンなどに乗っかっていると
味のバリエーションが出てとても楽しい。

このクランブル生地に
チーズを加えて焼いたものが
この料理には添えられている。

フォアグラの旨味と柔らかな食感、
洋梨の甘みとシャリシャリ感、
そしてクランブルの甘塩っぱさとカリカリ感!!!

簡単にできるけど
まるでそうとは思えない
ワクワクする美味しさ。

ワインはアルザスのゲヴェルツトラミネールなどが
おすすめです。

フォアグラと洋梨のポワレ、パルメザンクランブル添え

材料 4人分
フォアグラ 4切れ
洋梨 小さめ2個 皮付きのまま4つ割りに
塩コショウ
バター
グラニュー糖 10g

クランブル
 バター 40g
 グラニュー糖 10g
 パルメザンチーズ 40g
 小麦粉 60g
 アーモンドスライス 大さじ2

オーブンは180℃に余熱しましょう

1 クランブルを作る。柔らかくしたバターにクランブルのアーモンド以外の材料を混ぜて、指先でそぼろ状に混ぜる。大体混ざったらアーモンドも加える。
2 オーブンペーパーを敷いたオーブン皿にクランブルを広げ、10分ほど焼く。ほんのり色づくまで。焼けたらオーブンから出して、冷ましておく。
3 フライパンにバターを熱し洋梨をソテー。弱火で表面をじっくり焼き、最後にグラニュー糖をふり入れてキャラメル色にする。
4 洋梨を取り出したフライパンにフォアグラを入れ、片面2分くらいずつ焼く。最後にしっかり目に塩コショウする。
5 お皿に洋梨2切れとフォアグラをバランスよく並べ、全体に粗塩とコショウをしっかりかける。上からクランブルをパラパラとかける。

ソースが欲しい時は、バルサミコ酢を1/2量に煮詰めたものを作り、上からタラリとかける。
写真はソースがかかっています。奥に見えるのはグリーンサラダです。
フォアグラと洋梨のポワレ、クランブル添え

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5957

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved