Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

ボジョレーヌーヴォーに合うおつまみ

category: 料理


先週、郡山商工会議所から電話があって、会報に載せるため
「ボジョレーヌーヴォーに合うおつまみの取材をしたい」 とのお話。
「もちろん、御社のヌーヴォーの宣伝もしてもらって良いですよ」 

うちの会社は去年までボジョレーヌーヴォーを扱ったことがありませんでした。
ワインの輸入を始めて10年目の去年、初めて納得のゆくボジョレーの生産者に出会って、
10年目で初めて、お客さんと一緒にヌーヴォーのお祭りをしました。

「ヌーヴォーはワインじゃない、アルコール入りぶどうジュースです」
と言ってはばからなかった夫も、「お祭りだからね、楽しければいいんだよ」
と随分まるくなって、お祭りを楽しんだのでした。

聞くところによると、今年はかなりの当たり年とか。

さて、肝心のおつまみ、
ヌーヴォーは基本的に、そんなにムズカシイコトなしに何でも合わせられますが、
バタピーと柿の種ではサミシイので、ちょっとフランス風にマドレーヌを作ってみました。
塩味のマドレーヌ。
お野菜もたっぷり。軽食にもいけます。

塩味のマドレーヌ(約16個分)

卵 2個
薄力粉 80g + ベーキングパウダー 小さじ2 (合わせて振るっておく)
サラダ油 大さじ5
グリュイエールチーズ(おろしたもの) 15g
鶏肉ささみ(細切れ) 100g
トマト(皮をむいてダイス切り) 大さじ6
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個
オリーブオイル
パセリ(みじん切り) 大さじ2
塩コショウ

※ オーブンは240℃に予熱しておく。

1.卵を白身と黄身に分ける。白身はお箸で軽く混ぜる。黄身は大きなボウルにいれ、小麦粉とベーキングパウダーを加え、白身、サラダ油も加えて泡立て器で良く混ぜる。
2.1にチーズも加えて、混ぜる。塩・コショウする。
3.フライパンを熱し、オリーブオイルを入れて、鶏肉と玉ねぎをいためる。鶏肉に色がついて、玉ねぎがしんなりしたら、トマトを加え、弱火にしてトマトの水分を飛ばす。荒熱をとる。
4.2に3を加え、パセリのみじん切りも加えて、良く混ぜる。
5.マドレーヌ型に4を大さじ1杯くらいずつ入れて、240℃のオーブンに入れる。5分焼く。
6.オーブンの温度を180℃に下げて、更に6分ほど焼く。
7.温かいうちに食べる。

※ 鶏肉は牛ひき肉やハム、ベーコンで代用も出来ます。
※ お野菜はピーマンを加えても、ナスを加えても、好きなものでOKです。
※ グリュイエールチーズがなければ他のチーズでも大丈夫。チーズは生地をしっとりさせるために加えています。

ブログランキングに参加しています!
このレシピが気に入った方は是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
J.P.M. ジェイ・ピー・エム

ワインショップ
試飲会&料理教室
グルメイヴェント 
フランスワインの専門輸入元

963-8051福島県郡山市富久山町八山田字追越28-1
TEL. 024-922-5957 FAX. 024-922-5958
E-mail: jpm@circus.ocn.ne.jp
ブログ:ノワロー屋の食卓
ネットショップ : ワイン村.com

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5958

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved