Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

クレープの日

category: 料理教室

もう大分経ってしまったけど
フランスでは2月2日がクレープの日。

「シャンドラー」という名前がついていて、
この日にはクレープを食べる家庭が多い。
もともとは
カトリックの宗教的な意味がある日なのだけど、
クレープの黄色や丸い形をお日様になぞらえて、
春の訪れを祝うとか待ち望む日となったそう。

日本の節分と一日違い。

世界は広いけど、
裏側でも同じ頃に同じようなこと考えてるのね、
とあっち側がいきなり身近になる。

今月の料理教室は
これにちなんでクレープ尽くしにした。

塩味の前菜とメイン、
デザートにはそば粉100%の生地に
リンゴのブランデー「カルヴァドス」でフランベしたリンゴを挟んだ。

あわせて飲んだのは
リンゴの微発泡酒「シードル」。

「シャンドラー」に限らず
しょっちゅうやりたくなる美味しさだった。

そば粉のクレープ

そば粉 150g
塩 ひとつまみ
サラダ油 小さじ1
卵 3個
牛乳 300cc
 
1 材料を全てボウルに入れて、泡立て器でダマが出来ないように良く混ぜて、
  一晩休ませる。
 (そば粉100%の生地はドロッと重たい。
  焼く前に水をカップ1くらい足すと、少し軽くなって焼きやすくなる。)
2 休ませた生地をフライパンで焼く。
  あれば鉄製のフライパンで。テフロンで焼くよりずっと美味しく出来ます。
3 リンゴ3個は皮を剥いて1cm角に切り、バターを溶かしたフライパンでソテーする。
  水分が大体とんだらグラニュー糖大さじ3くらいを振りかけて、
  暫く触らないでキャラメリゼする。
  カルヴァドスでフランベ。(ブランデーなら何でも大丈夫)
4 先に焼いておいたクレープをキャラメリゼする。
  テフロンのフライパンにバター大さじ1をとかし、グラニュー糖大さじ1を加える。
  グラニュー糖が溶けてぐつぐつ沸騰し、茶色くなってきたらクレープを入れる。
5 両面キャラメルをまぶしたらリンゴを大さじ2ほどのせて、半折りに。
6 皿に移して、アツアツを食べる。
クレープの日

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5958

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved