Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

ボルドー銘菓 カヌレ

category: お菓子

ボルドー銘菓の「カヌレ」は
日本でも数年前にブームになった。
今ではあんまり見かけなくなったけど
フランス南西部、ボルドーの近辺では
必ずお菓子屋においてある。

ボルドーには「バイヤルダン」という
カヌレ専門店があって
夏に行く度に
そこのカヌレを食べるのが楽しみ。
今年ももちろん食べた。

でもどこのお店より美味しいのは
家で作る自家製カヌレだと思う。
まわりがカリッとキャラメルになってて
中はもっちり。
好きなだけ入れるバニラ、
好きなだけ入れるラム酒、
あっという間になくなる
我が家特製のカヌレなのだ。

お菓子屋のカヌレは
銅製のカヌレ型に蜜蝋を塗って
それに生地を流し込んで焼く
手間のかかるものだけど
今はシリコン製の便利な型が買える。
家で作るのはそれで十分。
難しいイメージがあるけど
シリコン型を使うと
至極かんたん。

是非お試し下さい。
きっと自家製が一番美味しいから。

カヌレ・ボルドレ(ボルドーのカヌレ)

牛乳 1/2L
塩  ひとつまみ
全卵 2個 & 卵黄 2個
バニラ 1/2本
ラム酒 大さじ1
薄力粉 100g
グラニュー糖 250g
バター 50g

1 牛乳を小鍋にいれ、バニラをサヤからこそげて加え、バターも入れて沸かす。
2 薄力粉とグラニュー糖をボウルに入れ、泡立て器で良く混ぜ、全卵と卵黄を一度に加え、そこに沸かした牛乳を加える。良く混ぜる。ゆるいクレープ生地のような状態。
3 粗熱がとれたらラム酒を加え、冷蔵庫で休ませる。出来れば一晩、短くても1時間。
4 オーブンを250℃に予熱する。
5 型の7分目くらいまで生地を入れて、オーブンへ。250℃で10分、200℃に下げて30分焼く。
6 焼けたら型から取り出す。
 出したばかりは柔らかいけど、冷めるとまわりがカリッとします。
 いちばん美味しいのはその日のうちです!

※ 生地は、100円ショップなどで売っているソース用の容器
 (プラスチックで口を好きな具合にハサミで切って使うアレです)
  に入れて、型に注ぐと液ダレが防げて仕事が簡単です。

※ 焼き時間や温度はオーブンによってまちまち。
  焼きムラもありますが、とにかくカヌレのまわりにしっかり焼き色がついたら
  出来上がり。写真のように、家庭で作るカヌレは、
  全て同じようには焼き上がりませんが、
  どれも同じように美味しいです。
  これ、ホントの話。
ボルドー銘菓 カヌレ

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5958

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved