Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

ガレット・デ・ロワ・オ・ショコラのレシピ

category: お菓子

前回のブログに
「近日中にレシピをアップします」
と書いたのは2月11日。

気がつけば3月。
1月のお菓子なのに
すっかりずれ込んでしまいました・・・・

もしレシピを待っていてくれた方がいたら
遅くなってごめんなさい。

毎年作るガレットですが
今年はチョコレートクリームバージョンです。

“ガレット・デ・ロワ・オ・ショコラ”

 折りパイ生地 適量 
 ブラックチョコレート 50g
 生クリーム 50cc
 バター 50g
 グラニュー糖 50g
 全卵 1個 
 卵黄 1個(つや出し用) 
 アーモンドパウダー 50g

1 生クリームを鍋に入れて湧かす。
 チョコレートを小さく切ってボウルに入れ、湧いた生クリームを加える。
 艶がでるまで木べらで混ぜる。
2 室温に戻したバターをポマード状にし、グラニュー糖を加える。
 卵1個とアーモンドパウダーを加える。1のチョコクリームを加え混ぜる。
3 パイ生地を薄く円形にのばす。2枚のうちの1枚は少し大きめに。
 小さめのパイ生地にフォークでプツプツ穴をあけ、
 ふちの部分を1cm残し中心にクリームをのせ、平らにならす。
 端の方にフェーブをのせて、チョコクリームに押し込む。


4 まわりに刷毛で水を塗り、大きめにのばしたパイ生地をかぶせて、
 フォークの背でしっかり押し付けて貼付ける。
 卵黄1個分に水を少々加え、パイ生地の上に刷毛で塗る。
 側面に垂れて来ないよう気をつける。冷蔵庫で15分ほど休ませる。
5 オーブンを210℃に余熱。
 ガレットを冷蔵庫から出して、ナイフの背などで模様を描く。
 きれいな焼き色にするために卵黄をもう一度塗る。
6 オーブンにガレットを入れて210℃で10分。
 180℃に落として30分ほど焼く。

「フェーブ」とはフランス語で「そら豆」の意味。
その昔、このお菓子には本物のそら豆を隠していたそうです。
今では様々な形の陶製のフェーブがあり
これをコレクションしている人も多いとか。
ネットで探してみると
色とりどりのちっちゃなフェーブがたくさん出てきて
みんな欲しくなります!

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5957

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved