Blog

日本でフランスの暮らし~日々のブログ

「Blog Archive」

ピペラードと自家製ベーコン

category: 料理教室

5月の料理教室メニューから。
ピペラドとは夏野菜の煮物。
ラタトゥイユとの違いは何なのか、
聞いたり調べたりしたけど
今のところ
納得ゆく答えに巡り会ってません。

卵料理と合わせることが多く、
今回はトロ〜リ美味しい
スクランブル。
上には自家製ベーコンが乗っかって
大満足の一皿。

ピペラードと自家製ベーコン

材料 6人分
ピペラド つくりやすい分量
 玉ねぎ 2個
 パプリカ 3個(色は自由)
 なす 7本
 トマト(中) 8個
 にんにく 4かけ
 オリーブオイル 50ml
 タイム
 ローリエ 2枚 
 塩コショウ
自家製ベーコン
 豚ばら 塊 500g
 塩 10g
 黒コショウ 5g
 黒砂糖 8g
 タイム セージ 適量
スクランブルエッグ
 卵 3個
 オリーブオイル 大さじ6
 塩 小さじ2弱 
 こしょう チリペッパー 各適量

1.ベーコンは前日に仕込む。豚バラ肉に調味料とハーブをまぶして最低1晩置く。
2.ピペラドをつくる。玉ねぎ、パプリカ、なすは全て一口大に、にんにくは薄切り。
3.鍋にオリーブ油を熱し、にんにくを炒める。少し色づいたら玉ねぎ、パプリカ、ナスを加えて炒める。
4.野菜に火が通ったら1~2cm角に切ったトマトを加えて全体を良く混ぜる。タイムとローリエを加えて、塩コショウ。かさが半分くらいになるまで煮込む。
5.ベーコンをマリネしておいた調味料などをこそげ落とし、一人80g前後に切り分ける。グリルで両面こんがり焼く。
6.スクランブルエッグをつくる。卵に材料を混ぜ合わせ、テフロンのフライパンに入れて混ぜながらトロリとした状態まで火を入れる。
7.温めた器にピペラドを適量入れ、その上に卵をのせ、さらにグリルしたプティサレをのせ、パンと一緒にいただく。

ピペラドは沢山つくって冷蔵庫に常備してあると便利。冷たくしても美味しい!
ピペラードと自家製ベーコン

Allowed HTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


    Archives

フランスワイン専門店JPM 福島県郡山市のワイン村

JPM The Wine Company
福島県郡山市八山田西三丁目41番地
tel. 024-922-5957
fax. 024-922-5958

オンラインショップ
- Coming Soon -

Copyright© JPM Work Station Ltd 小さなワイン村.com All Rights Reserved